注目キーワード

「海外トレンド」の検索結果

2本のアームを、ヒトの腕のように使い分けるカリフラワー収穫ロボットがイギリスで開発された。3年以内の実用化が期待される、最新技術をご紹介。

まるでヒトの腕! 様々なタスクをこなす収穫ロボット

種苗メーカー「ロウ7シード」は米国の有名シェフと育種家によって創設された新たな農業アイテムだ。それぞれの恊働によって生まれたアイテムはいったいどんなものなのだろうか?

有名シェフと育種家によるユニークな種苗メーカー誕生

世界各地で生まれる次世代農業アイデアとは?今回は、オランダの首都アムステルダムでの地域支援型農業サービスをご紹介!生産者と消費者をつなぐこのサービスの実態とは?

農家と消費者を繋ぐ!農業界で話題のCSAとは?

世界で広がる様々なソーラーシェアリングを紹介するワールドビューのコーナー。今回は、インド、イタリア、アメリカでの取り組みをご紹介!太陽光と組み合わせた点滴灌漑で、インドの人々は何を生み出すのか?

太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!

完成された状態のイスを収穫する―。まるでSF小説のような話を実現させようとしている生産者がイングランドにいる。古くから伝わる技巧と現代の技術を組み合わせて生まれた、新たな生産のあり方にせまる。

完成した家具を「収穫」する!? ユニークで格好良い生産のカタチ

美味しい農作物を育てるためには、農作物を常に健康な状態で栽培する必要がある。しかし、健康かどうかの判断を、誰もができるわけではない……。そこで登場したのが、農作物の健康状態が分かるアプリである。

農作物の異常を自動診断するスマホアプリがすごい

廃車寸前の車がぶつかり合い、本当の廃車にしてしまう「デモリション・ダービー」はアメリカで大人気のカースポーツ。この度、ミッドウエスタン州でトラクターの王を決める「トラクター・ダービー」が行われた。なんとも豪快でアメリカンなこの競技について紹介!

知っていますか?海外の訳あり「トラクター・ダービー」

農作物の物流インフラが十分に整備されていないウガンダで、開発が進められているソーラー保管庫付き電動三輪車「フルーティ・サイクル」。収穫された農産物を新鮮なまま、安定して消費者へ届けられると期待が高まっている。

【農業×再エネ】野菜を新鮮なまま運べる! エコで使える電動三輪車

国連の推計によると世界人口は2050年までに90億人を超え、将来の人口増加に備えた食料確保は世界的な課題となっている。「Thought For Food」はこの課題に対する画期的な解決策を創出しようと世界各地の若手イノベーターが集まったコミュニティだ。2017年5月の年次総会から注目したい話題を4つ紹介する

90億人の食料確保に向けて若手イノベーターが大集結

輸送中の果物内部の温度を常時モニタリングしてくれる、本物そっくりのかわいい“偽フルーツ”がスイスの研究所で開発された。

果物の温度変化をモニタリングする”偽フルーツ”がスゴい!

1 2 3 4 5

特集企画

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  4. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  7. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 【農家にオススメの副収入】ソーラーシェアリングが学べるセミナー開催
  10. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正