注目キーワード

「野菜」の検索結果

農林水産省が、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年12月)について、主産地等から聞き取りを行い、その結果を公表した。その一例を紹介する。

農水省が野菜の生育状況・価格見通し情報を発表!

老舗刃物メーカーと注目農園が共同開発した野菜収穫用ハサミ。野菜を傷つけず新鮮に収穫するための工夫はもちろん、使用者のことを考えた細かなこだわりが詰まっている。

新鮮な野菜を無傷で収穫 こだわりの収穫ハサミ

日本農業は高齢化と農業従事者の減少により、深刻な労働力不足に陥っている。国を挙げた取り組みに期待が掛かっている一方で、個人の農家が果敢にも最新技術を用いて、作業の自動化に挑んでいる。

きゅうり農家が、AI搭載の自動選果機を作ってみた

葉栽類からミニ野菜まで、多品目のフレッシュ野菜の栽培が可能な、ホールインワンの植物栽培ユニットに注目。

どこでも設置・移設・増設できる! 完全人工光型植物栽培ユニット

山口県萩市の野菜を使った「萩野菜ピクルス」が人気を集めている。日本人の舌に合わないといわれていたピクルスを、どうやって人気商品にできたのだろうか?

野菜加工で農家の収益を向上! 地方再生の志から生まれたアイデアとは

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正